酵素ダイエットドリンク レシピ

自宅で作る酵素ダイエットドリンクのレシピ


今、酵素ダイエットドリンクが人気を集めていますよね。

ダイエットとして手軽なため、朝食代わりに酵素ダイエットドリンクを飲んでいる女性も多いことでしょう。

市販の酵素ドリンクは価格もお手ごろで、いろいろな種類もありますから、数種類の酵素ダイエットドリンクを飲み分けても楽しいかもしれません。

ベルタ酵素ドリンク



でも、酵素ダイエットを続けるなら自分で作ってみたいという人もいますから、ここで酵素ダイエットドリンクのレシピをご紹介します。

作り方は簡単で、一般的な酵素ダイエットドリンクのレシピは・・・

【用意するもの】
[ガラスやプラスチックの透明容器](容器は梅酒を漬ける容器などがベストで、中の色や状態を確認しやすい透明の物が良いでしょう。)
[ざるとボウル]
[ガーゼかキッチンペーパー]

【材料】
[りんごや緩詰類の果物](レモン1種類などでもOK、野菜を入れたいところですが、好みもありますから最初は果物だけで作ってみましょう。)
[砂糖(上白糖)](分量は、材料1:上白糖1、もしくは材料1:上白糖1.1です。)
※ 砂糖が多くて心配されるかもしれませんが、発酵する時に分解されますから安心して下さい。

【作り方】
1・容器と材料をきれいに洗い水分は拭き取ります。
※ 雑菌が付いていると腐敗して失敗しますからきれいに洗いましょう。

2・材料の果物や野菜は皮ごと3cm程度に細かく切り分けます。

3・容器の底に砂糖を敷いて、その上に材料を乗せ、これを交互に繰り返して、最後は一番上を砂糖でふたをするように覆います。(水は入れません。)

4・容器にふたをしますが、酵素は生きていますから完全に密封しないようにしましょう。
※ この時、完全に密封してしまうと、発酵時にガラス容器が割れたりヒビが入ったりすることもありますし、酵素は生きていますから雑菌などが入らない程度にふたを緩めておきましょう。
※ 保管は日が当たらない場所で、寒いところも避けましょう。(36度位が一番発酵に適していますから、冷蔵庫での保管は避けて、冬などはタオルなどを巻いて暖かい部屋で保管しましょう。)

5・毎日2回程度、空気に触れるように混ぜます。(手の常在菌が発酵の手助けになりますから、きれいに洗って水分を拭き取った手で、ぬか漬けのように素手で混ぜましょう。)

6・材料が浮いてきて、表面に泡が見えて、かき混ぜた時にシュワーっと泡が全体から出るようになったら酵素ダイエットドリンクの完成です。(状態にもよりますが2〜3週間が目安です。)

7・出来上がった酵素ダイエットドリンクは、ボウルにざるを重ねた上にガーゼかキッチンペーパーを乗せてこします。(この時、材料のカスなどが入らないように丁寧にこします。)
※ 材料は押して無理やり搾り取らないで下さい。 酵素ダイエットドリンクが自然に落ちるまで、ゆっくり時間をかけてこして下さい。)

8・出来上がった酵素ダイエットドリンクはビンなどに入れて冷蔵庫で保管します。
※ この時もビンのふたはしっかりと閉めずに、空気が入るように保管して下さい。

以上が酵素ダイエットドリンクの簡単レシピです。

料理が苦手な人でも、レシピ通りに作れば難しい手順はありません。
ただ、レシピ通りに作ったのに色や匂いがおかしければ腐敗している可能性があります。

入れる材料の種類にもよりますが、出来上がった酵素ダイエットドリンクはビールのような黄色い色をしていると思います。
しかしドス黒い色になっていたり、鼻にツンとくるアンモニア臭のような匂いがしていたら腐敗している証拠ですから捨てましょう。

4451



レシピ自体は難しくないと思いますが、汚れた手で混ぜたり、ほこりっぽい場所に保管していると雑菌が入る可能性があります。

発酵と腐敗の状態はよく似ていますから最初は失敗するかもしれませんが、変だと思ったらお腹を壊さないように処分した方が良いでしょう。

手作りの酵素ダイエットドリンクは、材料が代わってもレシピは同じなので、いろいろ試してみると面白いと思います。

レシピ通りに作るのは面倒だという人には、市販の酵素ダイエットドリンクも販売していますが、自分で作った酵素ダイエットドリンクと、市販の酵素ダイエットドリンクを比べながら交互に飲むのも楽しいかもしれません。

自分の好みの味になるように、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか!


ベルタ酵素ドリンク



お嬢様酵素


 

サイトマップ