小顔にするための簡単顔やせダイエット

鏡を見て微笑む女性の画像

モデルさんって雑誌などで顔だけのアップを見ているとなかなか分かりませんが、全身の写真を見ると本当に小顔だということが良く分かります。

女性ならあんな小顔になりたいと思うのは当然です。

パンパンに膨れ上がった顔なんて、鏡でみたくありませんよね!

骨格の問題もありますから完全な小顔になれるかどうかは別ですが、少なくともパンパンの顔から余分な脂肪を除去する顔やせダイエットならかなり効果はあるでしょう。

まず顔は腕や脚、お腹とは違うと無意識に勘違いしている人が多いはずです。

しかし顔にも表情筋という筋肉がたくさん付いていますから、使わなければ硬くなったり脂肪や老廃物が溜まるので、腕・脚・お腹などとまったく同じだと考える必要があります。

つまり顔がパンパンになるのは、表情筋に脂肪や老廃物が溜まっている可能性があるということです。

ですから小顔にするためには、顔やせダイエット方法でこれらを除去することが重要です。

表情筋も筋肉ですから普段動かしていない部位を動かすことが大切ですが、あまり顔に表情を出さない人などはほとんど表情筋を使っていないことになります。

では普段から笑顔やお喋りな人は表情筋をたくさん使っているように思えますが、実はそういう人でもその笑顔やお喋りをする部位ばかりを動かしていて、実際には表情筋の2~3割りしか使用していないと言われています。

つまり顔やせダイエットとは、普段使っていないたくさんの部位を動かすことで小顔にする方法です。


「NEWAリフト・NEWAリフト+(プラス)」へのバナー「NEWAリフト・NEWAリフト+(プラス)」へのバナー

小顔にするための顔やせダイエットにはいろいろな方法がありますが、一番簡単なのは「変顔」です。

いろいろな「変顔」をすることで、普段使用していない表情筋を動かすことができます。

その「変顔」に近い顔やせダイエット方法を試してみましょう。

まずは目をめいっぱい見上げた状態にして、口を開けて舌をめいっぱい下に下げます。

この状態で10~20秒程度キープします。

その時に鼻の下もめいっぱい下げられるとなお良いでしょう。

次に顔を上に向けた状態で、舌をめいっぱい上に上げる方法があります。

これはあごのラインをシャープにしてくれる方法ですから、併せてやってみましょう。

今度は口を閉じた状態で、舌を歯茎にそって右に20~30回程度、左に20~30回程度グルグルと回すのを1セットとして、1日に3~4回行う方法もかなり効果的です。

女性ですから恥ずかしいと思われるかもしれませんが、学校や会社でやれとは言ってません・・・ 自宅で一人の時に行うのですから恥ずかしさは捨てましょう!

これだけでも普段使用していない表情筋をたくさん使いますから、自宅で試してみましょう。