セルライト除去の注意点

マッサージする女性の画像

セルライトを解消するための一番の方法は「リンパマッサージ」だと言われています。

しかし間違ったやり方を行えば、セルライトが解消するどころか、さらに大きくなってしまいますから要注意です。

セルライトは蓄積した脂肪に老廃物を溜め込んでいますから、その老廃物を排出するためにはリンパマッサージで老廃物をリンパ管に流してあげる必要があります。

しかしセルライトそのものがリンパ管を塞いでしまっていますから、激しいマッサージは逆にセルライトを大きくしてしまいますから注意しましょう。

なぜ激しいマッサージがセルライトを大きくしてしまうかといえば、セルライト自体が皮膚組織や毛細血管を傷つけていますから、コラーゲンの再生機能の働きで排出されていない老廃物を巻き込んで、さらに大きな脂肪細胞を作ってしまうからです。

さらに内出血などを起こせば青あざができて跡が残ってしまうことも考えられます。

ですからエステで行っているような雑巾を絞るようなマッサージやセルライトをつぶすやり方は、正しい方法を知らない素人が行っては絶対にダメです。

ではなぜエステなどではOKなのでしょうか?

それはセルライトをつぶす前に高周波機器を使って脂肪を分解して破壊しているからエステでは大丈夫なんです。

しかし一般家庭に高周波機器はありませんから、エステの真似をするのは逆効果の結果になる可能性が出てきます。


MEGURU BOTANIC(メグルボタニック)

ではどうすればいいのでしょうか?

エステに通えば良いのかもしれませんが、財政的に厳しくなってしまいますよね!

ですからご家庭で行うのであれば、脂肪と老廃物をゆっくり柔らかくして、少しずつ除去していくやり方が一番効果的な方法になります。

まずは、セルライトのできる原因の一つとして「冷え性」が上げられますから、体を温めて血行を良くすることが大切です。

冷え性は代謝を悪くして脂肪の燃焼力を下げますから、特にセルライトの部分を中心に体を温めることを心がけましょう。

冷え性がセルライトの原因になるのであれば、冷え性の改善を行えば良いのではと考えがちですが、セルライトがあることで血行が悪くなっていますから、冷え性を改善するためにはセルライトを除去しなくてはいけません。

さらにセルライトを除去するためには冷え性を改善しなくてはいけません。

つまり「卵が先か、鶏が先か」の世界になってしまいます。

勿論冷え性の改善を行うことは良いことですが、それと併せて体を温めることが重要です。

お風呂にゆっくりと入って暖めるのも効果的ですが、有酸素運動もかなり効果があります。

ウォーキングやジョギングなどで筋肉を付けることで筋肉が脂肪を燃焼させてくれますから、塞がっていたリンパ管などが徐々に開いてきます。

塞がっていたリンパが開いたら、そこへ溜まっていた老廃物を流すのがリンパマッサージです。

リンパマッサージを行ってから、ゆっくりと揉みほぐして脂肪を取って行きましょう。

血行も良くなってきますから冷え性の改善にもなり、セルライト除去や脚やせにも繋がります。

リンパを開いてからリンパマッサージを行い、その後で脂肪除去のためのマッサージなどを行えばかなりセルライトは解消されるでしょう。

地道な努力が必要ですが、続けていけば酷いセルライトでも徐々に小さくなっていくはずですから頑張りましょう!